2021年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

月別アーカイブ

2021年11月10日

防府市のショッピングセンターで出土品の展示会を開催しました

 文化財に親しんでいただくことを目的として、文部科学省(文化庁)が推進する文化財保護強調週間期間(11月1日~7日)中の11月7日(日)、「イオンタウン防府」(防府市鐘紡町7-1)を会場に、防府市教育委員会との共催により「地域イキイキ☆ふれ愛まいぶん」(見学無料)を開催しました。
 買い物の機会に軽い気持ちで故郷の文化財である発掘調査出土品を見学し、また担当職員から直接解説を聞くことができる展示会です。
 今年度は山口県を代表する人面土製品(下関市綾羅木郷台地遺跡出土)や分銅型土製品(田布施町明地遺跡出土)、軒丸瓦(長門市深川廃寺出土)などに加え、地元防府市の優れた出土品である、大将軍遺跡の縄文土器、真尾猪の山遺跡の弥生土器、玉祖遺跡の懸仏などを展示しました。
 奈良・平安時代の官人・貴族風の衣装を着た職員も解説に加わり、異空間を演出しました。また、希望される来場者には用意した古代人風の衣装や古墳時代の甲冑を着ていただき、記念撮影をされる光景が見られました。
 約80名の見学者があり、私たちのふるさとで発掘された土器や石器などを身近に見学し、手に触れていただくことにより、ふるさとの埋蔵文化財に親しみ、興味・関心を高めていただく機会となったようです。
 このたびの開催にあたり、防府市教育委員会・イオンタウン防府店をはじめ、ご支援、ご協力いただきました関係各位に対し、あらめて心から厚くお礼申しあげます。

展示.JPG

古代衣装体験.JPG

 

2021年10月 8日

巡回展(下松会場)で講演会を行いました。

 巡回展「発掘された山口」の下松会場は、8月27日(金)から9月26日(日)まで、ほしらんどくだまつ(下松市大手町2-3-1)で開催予定でしたが、新型コロナ感染症拡大防止のため中止となりました。しかし講演会は、すでに多数の方々の申込みがあり、開催日を変更し、10月3日(日)に行うことになりました。
 講演会は、「下松と古墳時代」と題し、下松の古墳及び関連の深い熊毛地域の古墳や埴輪を中心に、パワーポイントと資料を交えながらお話しました。
 日曜日にもかかわらず、多くの方々にご参加いただき、熱心に耳を傾けていただきました。質疑応答では、「前方後円墳の前方部からは何か出土するのか」「古墳時代の下松にも馬がいたのか」など、闊達な質問をいただきました。
 次回の巡回展は、山陽小野田市歴史民俗資料館(山陽小野田市栄町9-21)にて、10月9日(土)から11月7日(日)まで開催の予定です。当センターが発掘した県内の出土品を直接目にする機会です。ふるってのご来場をお待ちしております。

写真(下松会場)縮小.jpgのサムネール画像

 

2021年10月 7日

スポット展示「萩城下町のステイホーム」開催のお知らせ

 新型コロナウィルス対策として「ステイホーム」が提唱され、お家での過し方に苦心された方も多いと思います。
 今回の展示では、萩城下町出土品からわかる、江戸時代の「お家(うち)時間」を紹介します。テレビもスマートフォンも電気もなかったこの時代ですが、おとなも子どもも様々な遊びや趣味に興じ、ペットに癒(いや)されていたようです。展示品は、ままごと道具・土人形・コマ・植木鉢などで、パネルで解説しています。
 会期は令和3年(2021年)10月4日(月)から令和4年(2022年)3月4日(金)までです。ぜひ一度ご覧ください。

IMGP0034.JPG

IMGP0038.JPG

 

2021年8月11日

親子古代体験(剣づくり)を行いました

 令和3年7月29日(木)、小学校高学年児童と保護者、5組10名を対象に親子古
代体験を行いました。今年度は長門市の王屋敷(おうやしき)遺跡から出土した弥生時代の銅剣を、実物の3分の1サイズで再現しました。
 体験の際には新型コロナウィルス対策のため、「3密」の回避、マスクの着用、手指の消毒、通風の確保などを行なった上で、鋳型つくり・鋳造作業・仕上げ研磨を体験していただきました。実際の作業は、原型を柔らかい素材(フローラルフォーム)に押し付けて鋳型をつくり、鋳型のすき間に溶かしたスズ合金を流し込み、鋳型から取り出した剣をヤスリで研磨して仕上げました。
 みなさんは、初めての作業や初めて使う道具に苦労していましたが、親子で協力して全員、剣を完成させました。みなさんからは、「型をつくるのがむずかしかった」・「金属を流し込むのが楽しかった」などの感想が聞かれ、古代のものづくりに興味をもっていただけたようでした。
 体験を機会に、みなさんに埋蔵文化財が身近なものであることを知っていただき、日本や山口県の歴史への興味をさらに深めていただければ幸いです。
                                       (事業課)

01.JPG


02.JPG


03.JPG

04.JPG

 

2021年7月12日

出前授業に行ってきました(宇部市立二俣瀬小学校)

 令和3年6月24日(木)、宇部市立二俣瀬小学校において6年生を対象に出前授業を行いました。授業は、新型コロナウィルス感染拡大防止対策(マスクの着用、3密の回避、十分な換気等)を行った上で、学校側から要望のあった縄文~古墳時代における土器や石器等の道具の変遷を観察することで、人々の考えや生活様式の変化を学習する時間として、午後から計2時限を使って実施しました。
 前半は、児童にセンターが製作・持参した古代人風の男女各衣装を身につけて授業を受けてもらい、縄文・弥生・古墳の各時代について、「この時代はこんな時代だった」ことが自分で話せるように、縄文~弥生時代の生活や文化、社会等をお話ししました。また、児童へは要点となるプリントを配布しました。
 後半では、教科書や映像では学びにくい実感の伴った理解が得られるよう、持参した縄文~古墳時代の土器・石器等の実物や柄を装着した石斧のレプリカ類に触れる時間としました。最後に、レプリカを使った体験タイムとして、弓矢を発射する縄文時代の狩り、石包丁を用いた弥生時代のイネ刈りを疑似体験しました。
 生活や社会の変化に対応した縄文~古墳時代の人々の技術と知恵を学び、体感することにより、児童のみなさんが日本や地域の歴史への興味を深めていただければ幸いです。

写真①.JPG

写真②.JPG

 

2021年6月23日

出前授業に行ってきました(光市立岩田小学校

 令和3年6月11日(金)、光市立岩田小学校で6年生を対象に出前授業を行いまし
た。授業は新型コロナウィルス対策のため、「3密」の回避、マスクの着用、手指の消毒、換気の確保などを行なった上で、体育館で実施しました。
 授業の前半では「豊かな縄文時代と変化の弥生時代」をテーマに当時の人々の生活
のようすなどについて説明したあと、学校周辺にある林遺跡についても詳しく紹介しました。授業の後半は林遺跡出土品を含む、縄文~弥生時代の土器・石器やレプリカ類に触れる時間を設け、随時質問に答えました。また、最後に全員で弓矢体験を行いました。
 児童のみなさんからは、「勾玉の石は何か」・「石鏃の形は何種類あるのか」・「土
器に含まれている石の粒は何か」・「林遺跡は今どうなっているのか」・「弓はどうや
って作るのか」等の質問があり、色々なことに興味をもってもらえたようでした。
 埋蔵文化財が身近なものであることを知って、児童のみなさんが日本や地域の歴史への興味を深めていただければ幸いです。
                                (岩崎)

P1250353.JPG